四国でいちばん大切にしたい会社大賞とは?

 社員や顧客、地域から必要とされ、「大切にしたい会社」と思われている企業等を発表・表彰することにより、企業経営の新たな取り組みを後押しし、企業活動の活気づくり、ひいては四国地域の経済活性化に貢献することを目的とします。

 「大切にしたい会社」は、次にあげる5つの順番を守り、社員だけでなくその家族、取引会社、地域社会の幸福を実現する行動を継続して実践している企業に贈られます。

 

  1. 社員とその家族を大切にする
  2. 外注先・下請企業の社員を幸せにする
  3. 顧客を幸せにする
  4. 地域社会を幸せにし、活性化させる
  5. 自然に生まれる株主の幸せ

 

株式会社世起での取り組み

 弊社では経営理念に掲げる「共に学び成長する」の言葉通り、毎朝15分の環境整備と朝礼、先輩社員と新入社員がマンツーマンで指導する「ブラザーシスター制度」の導入、他社での経験を積んだ人材である高齢者の雇用と活用を行っており、社内環境の活性化に取り組んでいます。

 朝礼では、各社員に配られている「経営計画書」を読み合わせすることで、経営理念の浸透を図っています。

 また「ブラザーシスター制度」では、パートを含む新入社員への指導を先輩自身が行うことによって業務に対しての問題意識を高めています。さらに、それぞれの社員が社長に対しても改善点の提案を行えるようにし、社長自身も受けた提案をすぐに実行に移していくことで、「会社全体が共に学び成長していく風土」を作り出しています。

 

外部リンク

四国でいちばん大切にしたい会社大賞

ページトップへ